グループウェアと比較について

会社や企業の情報活用を行うときに、テクノロジー化されたグループウェアはとても重要な役割を担っています。
そのなかでも昨今はイニシャルコストが不要であり急な社員の増減にも対応するクラウド型のものへの注目や関心が大きいです。



グループウェアとその比較を、日本製と海外製で比べてみることが大切です。

グループウェアは使われなければ意味をなさないので機能を確認するときには現場での目が重要となってきます。国産では日本企業に適した形でのメールやスケジュール管理という基本的機能と掲示板や回覧板なども搭載されています。日本の企業の習慣に対して実際に利用されるようなシーンの機能が備えられています。

暮らしを豊かにしてくれるNAVERまとめ技術のご紹介です。

日常の仕事でも細かな使い分けができることが特徴でもあります。

対して海外製でも前記の活用も可能ですが、機能自体が汎用的に作られている場合があります。


拡張で補うとしてもどこまでが応用として利くのか、または使い勝手の部分での懸念がなされています。

比較していくと、スケジュールの共有と管理では、自分自身の予定管理と他人のスケジュールをいかに見易く共有できるのかという問題があります。
短い間にいくつもの予定がある繁忙期などを、一時的に表示させたり非表示にさせたりする切り替え機能はとても重要視されています。



またメールの管理の比較では、従来環境と比べてストレスを感じることなく使用できるかどうか、既存のメールをインポートできるか、並行稼働期間はどの程度あればいいのかという点に関しても、実際の現場で設定することが重要です。