会社別に見るグループウェアの比較検証

グループウェアとはコンピューターを使用して社内の情報を共有するソフトのことです。

このソフトを使用することにより、業務の効率化やコミュニケーションが円滑になるなどの効果があります。
そこで中小企業と大企業を例に比較していきますと、次の2パターンに別れることが多いです。
中小企業の場合は必要機能を最小限に取り入れたグループウェアが使用されることが多く、操作方法もシンプルになっています。
基本性能としてスケジュール管理・社内メール・ワークフローなどが取り組みこまれています。

こちらのグループウェアは操作が簡単なので、初心者でもすぐに操作できるのがポイントです。一方大企業の場合は、基本性能にプラスして様々なオプション機能が付いていることが多いのが特徴となります。

こちらのオプション機能については、使用画面の英語や中国語などへの切り替えやE-ラーニングのような学習ソフトも内蔵されています。またユーザーをそれぞれ部署や役職でも管理出来ますので、正社員と契約社員別々の指示を与えることも可能になっています。



このように会社の規模によって比較をすると、最も適したグループウェアの種類が異なってきます。



中小企業の場合は必要以上の機能が必要ないことが多いのに対して、大企業の場合はより多くの専門的な機能が多くなることが多いです。



これらを比較すると決して使用出来る機能の数が多ければ良いという訳ではありませんので、その点については環境に応じて使い分ける必要があります。